留学を考える学生、社会人の皆様へ

スペイン

活気あふれる魅力的な国、スペインに留学をする人も多いでしょう。

スペイン留学の特長

スペインはマドリッド、バルセロナ、サラアマンカ、バレンシアなどが有名ですが、マドリッド近郊は交通の便もいいですし、
日帰りで観光できる場所も豊富にありますので、スペインで語学留学をしながら観光地を回ることもできます。
スペインでホームステイをしながら留学をする人も多く、ベッドと食事を提供してもらうことになります。

スペインの生活文化を体験したい人にはお勧めですが、一般のスペイン人の大半は英語が話せませんので、
コミュニケーションをとるためにはスペイン語がある程度は話せなければいけないという特徴があります。
留学中はホームステイをする人も多いですが、レジデンスという日本の寮のようなところもあります。
日本の寮と違って個室ではなくて、5人から10人のシェアとなります。シェアアパートも多くあります。

スペインの食事はお昼ご飯が日本よりも少し遅くて、14時くらいから家族そろって食べる家庭が多いです。
日本と違ってお昼ご飯でもかなりボリュームがあります。そして寄るご飯は21時から22時くらいで、
一般的にはスープとパンだけという軽食になるところが多いので、スペインではどちらかといえば昼食がメインのようです。

日本人の割合

スペイン留学は国別に見るとほかの国に比べるとそれほど多くはありません。
日本人学生の割合は学校によって違いがあるのですが平均3パーセントから10パーセントとなっています。
春休み、夏休みの短期留学は少しこれよりも多いかもしれません。
スペイン語のレベルにより、クラスが分かれますので、8人クラスの中で3人日本人というクラスになることもあります。
初心者クラスでも授業はスペイン語で実施されますからスペイン語はある程度理解しなければいけません。
またそれぞれの語学学校には、放課後のアクティビティ、遠足などを用意しているところもありますので、
放課後もこうしたアクティビティに参加してみるといいでしょう。

体験談

・スペイン留学体験談(作成中)