留学を考える学生、社会人の皆様へ

ロシア

ビジネスで使う機会が増えると予想される言葉

海外でビジネス展開をしている日本企業がたくさん存在していますが、今後は取引が増えると予測されているのがロシアです。
飲食ビジネスや建設、機械、自動車、不動産など様々な業種の企業がロシアの市場へと進出をして取引をする動きが活発になっています。
ビジネスチャンスを広げるためには、ロシアとの取引が重要であると考える企業が増えている中で、ロシア語で自由に会話できる方の力を必要とする企業がたくさんあります。

このような動きを受けて、ロシアへと海外留学をする方も年々増えています。
日本の大学でもロシア語を専攻したり、語学学校に通ってロシア語を覚えようとしている方も多いですが、やはり本格的にスキルを習得するなら留学をしてロシアの人々と触れ合いながら文化を知り、より深くロシアのことを理解したいと考えている方が多いです。
ロシアにも留学生を受け入れている学校が複数存在しており、都合に合わせて効率よく勉強できる環境が整えられています。

参考:ロシア語留学

ロシア留学の特長

ロシア語は国連でも公用語として用いられている言葉なので、自在に話せるようになるとかなり強いスキルになることは間違いありません。
全くロシア語を話せないし聞き取ることもできないというレベルの方は、最低でも3年間はロシアに滞在していなければ完璧にマスターできないと言われています。
日本でもロシア語を教えてくれる学校や大学でロシア語を専攻して基礎的なスキルを持っている場合は、短期留学でも要点を抑えて学習できると考えられます。

日本人にとってロシア語を勉強するのは難しいと感じる方が多いです。
まず発音が日本語とは異なるため、なかなかうまく発音できないと悩む方が多いようです。
慣れるまでにはとにかくリスニングを重ねて、真似をするように発音する練習を重ねなければいけません。
そのためにも現地で地元の方が話している言葉をよく聞き取りながら、自分でも受け答えができるようにすることが大切なのです。
留学をすることで日常的な会話がスラスラできるようになれば、どんどん実力がアップしていくと考えられます。

もう一つ難しいのが文法です。
文法についても日本語とは違うため、慣れるまでは覚えるのが大変に感じられます。
あまり深く考えずに、こういうものなのだと考えて覚えることに専念してください。
ロシア語に使われるキリル文字は、アルファベットに16種類の文字を加えて合計33文字を使用します。
独特の文法に慣れるためにも、留学をして普段からロシア語を読解する能力を磨くことが大切です。

ロシアの冬はかなり厳しい寒さが続くのでしっかりとした防寒対策が必要になります。
夏は日本と同様に暑い日が続く場合もあるため、涼しい服も用意しておく必要があります。