留学を考える学生、社会人の皆様へ

ニュージーランド留学Q&A

ホームステイが多いニュージーランド

ニュージーランドは日本からの留学生がたくさんいる国のひとつです。
ここでは英語を学びたいと考える学生や現地の大学に通いたいと考える学生などが毎年数多く留学をおこなっていると言われています。
また、自然が豊富な地域でもあるため、ニュージーランドのそのような側面も見たいがためにニュージーランドへと留学を決めている人も世の中にはたくさんいると言われています。

そして、ニュージーランドに留学をおこなう場合、留学生を受け入れてくれるホストファミリーの家で生活をおこなうホームステイタイプの留学がメインになってくると言われています。
もちろん、それ以外のタイプの留学もあるのですが、基本的にはホームステイが多くなっているのです。

関係性をよくする方法を考える

そのため、ニュージーランドに留学をおこなう際にはホストファミリーとの関係性をよくするノウハウをある程度は覚えておきましょう。
あまりに媚びへつらうことはないのですが、やはりこちらは迎えてもらう側ですから、ホストファミリーに対して気を使っておくことも考えておきましょう。

どのようなことに気をつけておくべきかと言えば、最も大切なことはホストファミリーの意思を最大限尊重するということです。
これは自分が我慢するべきという話ではないのですが、やはりそこはホストファミリーの家です。
お客さんではなく、留学のホームステイではホストファミリーの家族の一員になることが求められますし、それが理想なのですが、そうは言ってもそこは他人の家なのです。

ある程度の気遣いが重要

そのため、ある程度の気遣いは必要です。
そこが本当に自分の家であれば、完全に自由に過ごしていいのですが、やはり一応は他人の家であるからこそ気を使っておきましょう。
具体的なことで言えば、自分の友人を家に呼ぶような場合、そこが本当に自分の家であった場合には特別な許可がなくても呼ぶことができますが、他人の家となれば許諾をとっておく必要があります。

もちろん、ホストファミリーの性格などにもよりますが、中にはあらかじめ言っておかないと嫌な顔をされてしまうというような場合もありますので、そこには気をつけておきたいものなのです。
当日になって言ってくれれば良いというケースもあれば、数日前には言ってくれれば良いというケースもありますので、そのあたりは自分がホームステイした先のホストファミリーの性格などを見極めながら考えていくようにしましょう。
そのあたりのことを何も考えずに自分も家族の一員だという考え方だけで物事を推し進めてしまうことになると、留学生活に何かしらのトラブルが起こってしまう可能性がありますので、ホストファミリーへの気遣いをニュージーランドでは忘れないようにしましょう。