留学を考える学生、社会人の皆様へ

韓国

日本人にも馴染みがある文化が多い国

海外留学をするなら、全く経験したことがない異文化の国へ行くよりも、日本でも馴染みがある文化に触れることができる国を選びたい考える方も多いです。
日本に韓流ブームをもたらし、ドラマやK-POP、食文化などで大きな影響を与えているのが日本のお隣の国である韓国です。
韓国へ海外留学をして韓国語を学んだり、文化を学びたいと考えている方も多いです。

参考:長期・短期の韓国留学は日韓友好協会にお任せください。

韓国留学の特長

韓国への留学を検討している方は、どのくらいの期間滞在するのかによって計画の立て方が異なります。
最も気軽に実現できるのが個人留学です。
個人的に短期間だけ韓国に渡航して、マンツーマンで個人レッスンを受けるコースになります。
4~5日間だけ集中的にレッスンを受け、滞在中はホテルやレジデンス、下宿などに宿泊します。
最もコストを抑えたい場合は下宿を利用すると良いでしょう。
渡航費用も韓国までなのでさほど高い料金がかかりません。
だいたい2時間程度の授業になりますが、短期集中で学んで開いた時間は自習をしていれば、限られた期間でも韓国語を習得することは可能だと考えられます。
この他にも1週間から3週間の短期コースや2~3ヶ月以上の長期コースなどが用意されています。
どのコースを選択するのかによって学び方が異なりますが、時間と予算に余裕があればできるだけ長期コースを選択した方がゆっくりと韓国の文化に触れながら韓国語の勉強ができます。

韓国への海外留学では滞在する施設を自分で選択できます。
基本的にはどの施設を選択しても個室が用意されているのでプライベートの空間を確保されている場合が多いです。
ホテルが最も快適に過ごせますが、入学する学校のそばに立地しているのか、予算に見合った施設なのかを確認する必要があります。
下宿を利用すると最もコストを抑えることができますが、共有するスペースで他の下宿生と一緒になる可能性が高いです。
お互いに交流を図る良い機会になりますので、あえて下宿を選択するという方もいます。

留学時期

個人留学や短期留学の場合は随時受け付けをしている場合がありますが、時期によってはご希望に応えられない場合もあるため確認が必要です。
海外留学の費用も他の国と比較しても安い方なので、スケジュールの調整がついて予算の目処がある場合は、できるだけ早い段階で申し込みをしておくことをおすすめします。

2~3ヶ月以上の長期留学の場合は、春と夏、秋の各学期に合わせて受付している場合が多いです。
入学する学校によって募集している時期が異なる場合があり、既に定員に達している場合は希望通りの日程で参加できない可能性があります。
お早めに申し込みを済ませておいた方が良いと考えられます。