留学を考える学生、社会人の皆様へ

イタリア

ファッションや芸術などの楽しみが多い国

海外留学に行くなら絶対にイタリアにしたい!と考えている方は、イタリア語を勉強したいという目的以外にも芸術に興味がある方や、ファッションに興味がある方、イタリア料理を極めたい方など様々な目的があるのではないでしょうか。
勉強以外にも楽しめることがたくさんあるので、日本に帰らずにこのまま永住したい!と思えるほど快適に過ごせます。
イタリアは四季がはっきり分かれているため、日本で暮らしているのとほとんど変わらないような感覚で生活できます。
朝晩の寒暖差が大きいため、体調管理はしっかりしておかなければいけないといわれています。

参考:イタリア留学

イタリア留学の特長

イタリアへの海外留学はどの都市に存在している学校を選ぶのかによって留学生活が異なるものです。
例えばイタリア北部にある都市のミラノといえば、ファッションブランドを多く輩出した都市として有名で人口も多いため、日常生活で不自由さを感じることはほとんどありません。
滞在費用の中で最も高い家賃が高めに設定されている場合が多いです。
イタリア語の勉強をしながら世界に誇る最先端ファッションをいち早く取り入れたり、少し足を伸ばすだけで歴史的な建造物を見学したり、芸術作品を観覧して楽しむこともできます。
首都であるローマもミラノとほぼ同等の滞在費用が必要になります。
世界中から観光客が訪れる古い歴史を感じる町並みの中で生活してみたいと考えていた方の夢を叶えることができます。
他にもナポリやボローニャなど魅力が多い都市がたくさん存在しており、それぞれ特長が異なるため留学生活も全く違うものになります。
海外留学をする目的に合わせて滞在地を決定することをおすすめします。

ミラノがある北部は物価が比較的高く、ナポリなどがある南部は物価が安い傾向があります。
できるだけ留学費用を抑えたい場合は南部を選択した方が滞在費用も安くなる可能性があるので、滞在地を選ぶ際には参考にしてください。

留学の滞在期間についてはそれぞれの都合に合わせて選択できます。
あまり日数を確保できない社会人の方や学生は、1週間から4週間の短期留学がおすすめです。
ある程度まとまった休みを確保できれば、休日を上手に活用して集中して学習をすることができます。
非常に限られた日数でどのくらいのスキルを習得できるかは個々の努力次第となるため、自分で予習複数をしっかり行なう姿勢が大切です。

数ヶ月間に渡って滞在可能な方は長期留学を視野に入れてください。
留学期間が長くなると心配になるのが費用の問題ですが、最初はホームステイをしてイタリアでの生活に慣れるようにして、慣れてきた頃にアパートなどを借りて自炊をするとかなり経費を削減できます。