留学を考える学生、社会人の皆様へ

アイルランド

アイルランドはイギリスの隣にある国でケルト文化が特徴の国でもあります。
中世から聖人と学者の島ということで知られているほど教育水準が高いのが特徴です。
ヨーロッパの中でも治安が一番いいことでも知られているのですが、とても親しみやすい国であって、留学受け入れに対してもとても積極的です。
留学生にとって、語学力がアップするとても最適な環境といえるのではないでしょうか。

アイルランド留学の特長

イギリスに比べると日本人の留学生はそれほど多くはありません。
どんな目的で留学をする人が多いのかというと、語学留学、短期語学留学、ワーキングホリデー、大学留学、大学聴講、大学院留学、専門巣いるアップ留学で留学をする人が多いのが特徴です。北海道と同じ位の国のサイズなので、国としてはそれほど広くありませんが、とても変化に富む大自然が特徴です。
アイルランドの首都ダブリンに住んでいるのはアイルランド人口の4分の1で、学校も多いのが特徴です。
西部の中心地にあるゴールウェイという町、コークという町にも、アイルランドに留学をする人が多くいるのが特徴です。

アイルランドで語学留学をする際はケルト語という独特な言語があるのが特徴です。
英語なのですがイギリスのクイーンズイングリッシュと比べるとキングスイングリッシュという名前がついているのが特徴です。
語学学校は家族経営をしているところが多いのも特徴で、とてもアットホームな雰囲気の中で勉強をすることができます。
アイルランドは2007年からワーキングホリデー制度が導入されています。1年のうちで1月と6月だけ申請できます。

留学条件

18歳から25歳、条件つきで30歳まで可能です。
1年間最長でワーキングホリデー制度を使って留学可能です。
日本人がほかの国に比べると留学生は少ないですので、穴場といってもいいでしょう。
アイルランドには7つの大学がありますが、すべて公立の学校です。
規模は国別で見ると小さくて、教授と学生の距離が近いので、しっかりと勉強可能です。

体験談

・アイルランド留学体験談(作成中)