留学を考える学生、社会人の皆様へ

インド

たくさんの民族が暮らす国

世界で最も多様性に溢れる国とも言えるのがインドです。
10億人以上もの人口を抱えていますが、日本とは逆に若い年代の人がとても多い国としても知られています。
たくさんの民族が暮らしている国で、それぞれの民族によって使用する言語や文化が異なるのが特徴的です。
経済成長もめざましく、特にIT産業の発展が世界的にみても素晴らしいと評価されています。
子供の頃から数学の教育に力を入れており、語学力の習得にも力を入れています。
積極的に教育を推進していることから、海外留学先として選択する人がたくさん存在しています。

参考:インド留学情報

インド留学の特長

インドは日本と教育制度が異なり、初等教育から大学までの課程に違いがあります。
日本から海外留学生として留学する場合は、一般的には大学や大学院か語学学校へ入学する場合が多いです。
ビジネススキルなどの専門的な学習が目的の場合はそれぞれの専門機関で学習する方法もあります。
目的に応じて適切な教育を受ける機会が用意されています。

インドに海外留学をする方法としては大きく分けて3つあります。
まずは大学生がインドの大学生との間で交換留学生として留学する方法があります。
この場合は在籍している大学で交換留学生の制度が整っているかを確認しなければいけません。

もう一つの方法が、インド政府などから奨学金を受けながら留学する方法です。
日本人の留学希望者を対象にして様々な奨学金プログラムが用意されています。
対象となる分野が限られているため、留学の目的と一致していなければ利用できません。

3つ目の方法が個人で海外留学する方法になります。
個人的にどの学校を選択するのか調べたり、段取りを組む必要があります。
情報収集力があれば自分で手続きをすることも可能なので、好きな事を都合に合わせて勉強できるメリットもあります。

インドへ海外留学する目的は人によって異なりますが、語学留学を目的としている場合は複数の言語を学ぶことができます。
多民族国家でもあるため、様々な言葉が活用されていますが、一般的にはヒンディー語やタミール語などの現地語の習得を目的にする方もいます。
インドでは英語の教育にも力を入れており、複数の語学学校が存在しています。
それぞれの学校によって特色がありますが、いずれも留学生を積極的に受け入れています。

インドではヒングリッシュと呼ばれる独自に発展させた英語が使われている点に注意しなければいけません。
英語を学習できる語学学校ではアメリカやイギリス圏で使用されている英語を教えていますが、一般的に使用されているのはインドの現地語と英語が組み合わさったヒングリッシュです。
街の人と会話をしてみるとおかしいな?と感じることもありますが、学校では正しい英語を教えてもらえますのでご安心ください。