留学を考える学生、社会人の皆様へ

ドイツ留学体験談

ドイツ留学に2週間行きました。ホームステイを利用して留学をしていました。留学をしようと思ったのはドイツに行ってみたかったことと、ドイツの環境に対しての意識が高いということを知っていたのでそれを間近で感じたかったことでした。大学の専攻は建築系の都市計画を専攻しているのですが、ドイツの土地計画に興味を持ち始めたことと環境に対しての意識が高いことを知ったのでドイツに行こうと思いました。そして大学留学も使用かと思っていたのですが、ドイツ語をまったく話せないので、大学に入るには言葉の壁が高すぎて断念しました。でも語学留学ならできるとのことで大学留学はあきらめましたが、ドイツに2週間いってきました。ドイツに行ってみて言葉が通じなくても気持ちさえしっかりしていれば何とかなるんだってことがわかりました。語学留学でも十分収穫はあったと思います。

ハンブルクはとても町並みが素敵でテレビや雑誌で見たままでした。2週間という滞在時間はとても短くて、もっと時間があったら長く滞在したいと思ったほどでした。通っていた語学学校の近くはカフェがたくさんあって、気軽に立ち寄ることができましたし大学の中にある、学食はとてもおいしかったです。ドイツの料理ってこれまであまり食べたことがなかったのですが、量の割には安かったので学生の身分ですから助かりました。そして先生も現地の生徒もみんなフレンドリーに接してくれてよかったです。言葉が通じない国に長く滞在するのは初めてだったので、かなり不安はあったのですが、みんな親切にしてくれたのでうれしかったです。

留学中はほとんど現地の友達と一緒に過ごしていたのですが、言葉が通じなくても何とかなるもんだなと本当に実感しました。最初は英語もドイツ語も挨拶程度しかできなかったのですが、相手が言っていることはある程度は理解できるまでになったのでよかったです。2週間ずっとドイツ語ばかりだとわかるようになるんだなと思いました。ドイツ留学の費用は生活費を含めて30万円くらいでした。ドイツ留学は英語圏ではないので、かなり苦労しましたがいってよかったと思います。帰国してからドイツ語を活かすということはまだできていないのですが、ドイツで見てきたことや、ドイツで学んできたことはとても大学での授業に役立っていると思います。ドイツ語も英語も十分に準備もせずに留学をした割にはかなり充実した留学生活が送れたと思います。